2004年05月28日

最近のヒット本

ネトゲ職人にジャブチェンジして以来、滅法本を読むことが少なくなってしましましたが
ちょっと気になった本を紹介します。

『国民の知らない昭和史』
527
出版社名 ベストセラーズ
書籍名 国民の知らない昭和史
シリーズ名 ワニ文庫
著者名 堺屋太一/ほか[著]
価格 630円 (税込)
内容
真珠湾での劇的な勝利が日本を敗北へと導いたとは、誰が予測しえたであろう。されど、勝利に浮かれる大日本帝国の滅亡を開戦の五カ月前、昭和十六年の夏に見越していた若きエリート集団も存在していたのである。この国の舵取りを彼らに託していたなら、その後の未来はどうなっていたのだろうか…。秘められた十三の謎に気鋭の作家・研究家が挑む。好評の「国民の知らない歴史」シリーズ、昭和史戦前篇。

目次
組織篇(日本海軍とは何だったか
日本陸軍の「聖戦」)
戦略・戦術篇(日本必敗―昭和十六年総力戦研究所の予測
山本五十六の「不可解」な決断 ほか)
兵器篇(大艦巨砲を生かす術
ドイツから買ったタイガー戦車 ほか)
世相篇(日本的発想の世界大戦
戦前期の少女たち ほか)

感想
なぜ日本人は開戦に向かってしまったのだろうか?そんな疑問が少しだけ解った気がする。
戦術シュミレートを行っていた若きエリートの集団“戦技研”の存在は非常に興味深かった。
日本が負けるまでのプロセスを原爆投下以外はほぼ正確にシュミレートできていた。しかも東条英機はそれをある程度予想できていたという事実は自分にとって青天の霹靂でした。
あの時代、全国民は盲目的に、あるいは狂信的にアジアの頂点に向かっているのだと思っていた。
思い上がった日本人の凶行と思われていた“太平洋戦争”の見方がちょっと変わりました。

『新さん』
5272
新潮文庫
著者: 泉昌之
本体価格:438円 (税込:460円)
内容
新さんは、居酒屋での馬鹿話を愛する、いなせな独身貴族。曲がったことが大っ嫌いな男だ。泥酔した女、慇懃無礼な市会議員、場をわきまえずに喋りまくるカップル。新さんはそんな奴らに怒りを隠さない。ある日、マキちゃんとのデートに遅刻しそうになった新さん。その行く手には、大きな罠が待ち構えていたのだった―。愛すべき男・呉竹新の純情で過剰な日常を描く

感想
泉昌之の人間観察眼はいつも感服する。
新さんはいなせなのかもしれないがどっかズレていて
行動も過激な反面、じれったくなるときもある
にくめない男なのだ。
むちゃくちゃ笑えるってこともないが、読んで気持ちよくなれる一冊
好きなセリフは「バカが250`で名古屋に運ばれてく!」
posted by Θzawin at 09:33| Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月17日

蒲郡のボンボン

2004-05-17 11:16:23
土曜日の夜
自称、「蒲郡のボンボン」ことシガアニーを交えて飲み会を行いました 
場所はいつもの「とりヒロ」
三重の青山高原から奈良の大仏を見に行っていた、スギ、前お組も合流し八人位で多いに盛り上がりました。
特にシガアニとオトウトのやり取りは抱腹絶倒、暖簾腕押、唯我独尊、竜頭蛇尾、四面楚歌、春夏秋冬と言ったカンジで…(笑
よーするにワケワカランと、(^_^A

更にアニーは政治に関心がおありのようで、富山村へ広報活動のボランティアにいかれるそうです。
その辺りの話を聞きつつまた飲み会を開きたいですね。
posted by Θzawin at 11:16| Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月10日

プチ林道ツーリング

2004-05-10 12:14:44
天気がよいので
引きこもりを一時解除して額田近辺の林道を走って来ました。
タナタナのトリッカーにちょっと乗らしてもらったが、トルクフルでむっちゃおもろかった 。
林道はいまいちの走破性?まぁ、慣れしだいってとこかな。
今日は体があちこちイタいなり〜。(>_<)
posted by Θzawin at 12:14| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。