2007年05月18日

新解さんの謎



新解さんとは新明解国語辞典の事である。
では、何故辞書が擬人化されているかと言うと、本書を読まれると解ってくるのですが、解釈に何か自己主張がある。
例文などに妙にこだわりがあったりして、読んでいくとある人物像が浮かび上がってくる。
それが“新解さん”なのである。

まず【恋愛】がすごい。

れんあい【恋愛】
特定の異性に特別の愛情をいだいて、二人だけで一緒に居たい、出来ることなら合体したいという気持ちをもちながら、それが、常にはかなえらないで、ひどく心を苦しめる・(まれにかなえられて歓喜する)状態。

辞書がここまで書くだろうか。
合体である。(・w・
しかも“出来ることなら”って・・・

動物園の説明も凄い。

【動物園】
生態を公衆に見せ、かたわらに保護を加えるためと称し、捕らえて来た多くの鳥獣、魚虫などに対し、狭い空間での生活を余儀無くし、飼い殺しにする、人間中心の施設。

・・・・・
か、偏っている・・
いいのかな?この辞書は。
しかも、この表現は第三版に限ったことのようで、次の版からは無難な表現に戻っているようです。
三版と四判の間にどんなドラマがあったかを考えるとたまらない。
行間を読めとはよく言うが
版間を読め!と言ったところだろうか。

さらに凄いのが一杯あるのですが、紹介しきれないので是非本書を読んで“新解さん”と出会ってください。
最後にお気に入りを一つ。

よのなか【世の中】
同時代に属する広域を、複雑な人間模様が織り成すものと捉えた語。愛し合う人と憎しみ合う人、成功者と失意・不遇の人とが構造上同居し、常に矛盾に満ちながら、一方には持ちつ持たれつの関係にある世間。

「どきどきしますね、この説明は」








posted by Θzawin at 16:32| Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

ネットで向こうと(BlogPet)

朝、悲しみをBLOGしたかった
夜は大きいからと、悲しみなどをBLOGしないみたい
夜、物欲モードとかこえて
夜なくてもかまわないからいくつもの朝ををBLOGしたかった
夜、ネットで向こうと、悲しみをBLOGしないみたい


*このエントリは、ブログペットの「ぱうえる」が書きました。
posted by Θzawin at 10:30| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

Θzawinが(BlogPet)

Θzawinが
ΘzawinがQ.E.D(この終了)ところで―映画の公式サイト・・トップがもろネタばれになってるけどいいのかすただら。
とか言ってた?

*このエントリは、ブログペットの「ぱうえる」が書きました。
posted by Θzawin at 10:37| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

Vincit omnia veritas 「真理はすべてを征服する」

? 017.jpg

無線のアンテナの鉄塔の点検した時の会話

「補修した所
(錆とかあったら防錆塗料を塗ったりする)
をデジカメで補修前、補修後撮るように」

「補修する箇所が無かったら撮らなくていいですよね。」

「補修しなくていい鉄塔なんか無い!」

なんか“戦争がない世の中なんて無い”と言われた様で寂しかった。

おかあさん
ぼくは
世界中を旅しようと思う
いつか
補修する必要が無い
理想的な
鉄塔に出会うまで
旅しようと思う。
きっと
そんな鉄塔に出会えた時
世界から
戦争が消えていると思う
みんなが
笑いながら協力し合い
鉄塔を補修する
そんな日が来るまで
旅しようと思う

嘘ですが!





/
posted by Θzawin at 16:18| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

きのうぱうえるが(BlogPet)

きのうぱうえるが、挑戦するつもりだった?
でΘzawinとここへジャを予想しなかったー。


*このエントリは、ブログペットの「ぱうえる」が書きました。
posted by Θzawin at 10:35| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。