2008年09月26日

黒い春/山田宗樹



なかなかに内容の濃い本であった。
大筋としては、架空の奇病の謎をとく医学サスペンスではあるが、その起源にまつわる歴史ミステリ的な趣も持ちつつ、病気との闘いにおける愛と勇気の物語でもある。
ともすれば破綻しそうな程の詰め込まれた内容でありながら、うまくまとまっているのは作者の力量であろう。
実際にぐいぐいと引き込まれながら一気に読んでしまった。
後半は最近観た映画の『死ぬまでにしたい10のこと』を思い出しながら読みました。


.


posted by Θzawin at 20:11| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。