2009年03月03日

潜水服は蝶の夢を見る





潜水服は蝶の夢を見る

働き盛りの男が突然の脳溢血に襲われ、体の大半の機能を失ってしまい、唯一動かせれるのは左目のまぶたのみ。
まるで潜水服を着ているような彼が想像の中で蝶の夢のように自由に思考する。
まばたきのみで意思を伝え、自伝を書いた実話をもとに彼のモノローグと空想の中の映像で構成された、良い意味でフランス映画らしい作品。
「潜水服」の中にいる彼の焦燥と苛立ちは、彼の視線で映像をみる私達にいやおうなく伝わってきてたまらない気持ちにさせられる。
 だが、どんな深刻な状況でもユーモアを忘れない彼の性格に大いに救われた気持ちにはなる。
もし、自分がこんな状態になったらと考えると・・・。

乙一著の「失はれる物語」が似たようなシュチュエーションでありながら、違う系統のラストになっており、合わせて読むと面白いかもしれません。






posted by Θzawin at 17:45| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。