2009年04月19日

お く り び と

f0089299_22481960.jpg

話題の映画「おくりびと」を見ました。
今もっとも泣ける映画との評判ですが、
私は母を亡くしているので、もれなく泣けました。(笑

死をテーマにするのはタブーであると言うむきもあるでしょうが、
死を意識することで生きている事を強く感じるのではないでしょうか。


『死』を扱った映画で思い出すのは、伊丹十三監督の「お葬式」です。
そういえば、山崎努も出演してましたね。
今度借りてみようかしらん



posted by Θzawin at 00:28| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。