2006年07月11日

はがねを鍛へるやうに新らしい時代は新らしい人間を鍛へる紺いろした山地の稜をも砕け銀河をつかって発電所もつくれ (BlogPoemer)

「おもしろい」はずのこの物語は、かぎりなく悲しい。哀切をきわめる。徹底的な悲劇である。小十郎は救われない。もし小十郎を救うものがあるとしたら、それは彼の死であり、この物語の崇高なまでの悲壮美であるだろう。そういう「おもしろさ」ではある。
鑑賞日本現代文学13 宮沢賢治

だよ♪

*このエントリは、BlogPoemer(ブログポエマ)の「ばうえる」が書きました。


posted by Θzawin at 23:26| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。