2006年07月13日

鵜飼ツーリング

DSC04255.jpg

碧々しい葉をつけた薄墨桜
今回のツーリングの目的地はここから一山越えたところに在る旧徳山村です。
5月に訪れたときは残雪で行けなかったのでリベンジです。この時点ではまさかあんな遠回りする羽目になるとはこれっぽっちも思っていませんでした・・・・。
この間来たときと同じように通行止めの看板がありましたが、バイクなら行けるだろうといってみると

DSC04259.jpg

DSC04256.jpg

  Σ(゚д゚lll)ガーン

完全に塞がってます・・
わずかの隙間にバイクを通そうと苦戦するも挫折。こころなしか看板のオッサンの顔が邪悪なカンジに見えてきた。

DSC04258.jpg
 

m1.jpg

仕方なく引き返しつつ途中の名も無き道を走ってみるも

DSC04260.jpg

ココドコ?(;´Д`)
道が無くなってました・・

m2.jpg


157は完全に封鎖されているのでちょっと戻りつつ、林道を越えて157にでるルートにチャレンジ。
二度と通りたくない道を延々と走りつつ157にたどり着く。
通行止め先にキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

ここで、落ち着いて地図を見る二人。(ちょwwwwオソスwwwwwww
「ん、ここから徳山村にいくルートって・・・」
「ないじゃん・・・」
「なんでこっち来たの?」
「なんとなく」

  ( ゚д゚) ・・・・・。
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
    / 地図 /
     ̄ ̄ ̄

  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
    / 地図 /
     ̄ ̄ ̄
「こっち見んな」

微妙に険悪なムードになりながら、来た道を戻るのも辛いので福井までいって417で戻ってくる作戦に決定。
この時点で15時近いのでかなり無謀な計画なのだが、そのときの俺達に選択肢などなかった。

m3.jpg

なんだかんだありながら、福井を廻って417に入ったところでダウン。時刻はすでに夜の八時。
すったもんだありながら(こんなんばかり)なんとか宿をゲット。屋根つきテーブルイスつき水道つき、歩いていける温泉ありのいい物件。

DSC04279.jpg

まったり温泉にはいって極楽極楽。
台風きてるけど今日はいい天気でした。(暑いほど)
明日は天気大丈夫かな?と就寝。


二日目
朝もやの中を出発。
屋根つきの物件はテントをたたまなくて良いのでラクだな。
心配だった417の通行止めもなく岐阜まで抜けれそう。すごい道だけどね・・・
雨も夜半に降ったくらいで峠は降った気配がなかった。

DSC04281.jpg    DSC04285.jpg

ぶなの原生林が生い茂ってちょっと秘境の雰囲気
大鷹が普通に飛んでいた。

DSC04283.jpg

m4.jpg

延々と走って目的地の旧徳山村に到着
当たり前なんだけど前回来たときとまったく変わってしまいました。
昔の痕跡があるのは集落に入る手前の橋と小学校跡だけでした。

完成した徳山ダム。

DSC04293.jpg

橋の先にはかっての集落があったのだが、整地されてなにも残っていません。

DSC04286.jpg

小学校も入り口が封鎖され中に入ることは出来ません。
「徳山しずまないでくれ」と書かれた小学校の黒板はもう見ることができませんでした。
ただ壊れた時計だけが前回訪れた時のまま時間を止めているばかりです。

DSC04287.jpg    DSC04288.jpg


徳山村記念館(建設中)の屋上から村跡の全景が望めました。

DSC04292.jpg    DSC04290.jpg

右端にあるのが小学校跡、真ん中の端から左側が以前集落があったところですね。
来年にはすべてが水の下に消えてしまうのでしょう。
色々と思うことは有るのだが、村を追われた人達、失はれていく村の風景を撮り続けたおばあちゃんのことなどを考えると言葉を失ってしまう。ただ、この風景を最後に見たことは忘れない、一来訪者として。









posted by Θzawin at 20:12| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。