2006年09月28日

しずかなる小路


DSC04471.jpg

DSC04470.jpg

朝、誰も居ない川原を歩いていると彼岸花が見事に咲いていた。
木下利玄という人の歌がぴったりの風景だと思った。

 曼珠沙華一むら燃えて秋陽つよし そこ過ぎているしずかなる径




  ・


posted by Θzawin at 12:38| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。