2006年10月15日

正論は耳に心地よい。しかし裏に隠されたプロパガンダを読みとれないと、とんでもない間違いを犯す。

■福岡いじめ自殺 担任教諭も生徒をからかう 
 福岡・筑前町で中学2年の男子生徒(13)がいじめを苦にして自殺した問題で、中学1年の時の担任教諭が自殺した中学生をからかっていたことがわかった。男子生徒の両親は「これがいじめの発端になったのでは」とみている。


  30879939.jpg
死にぞこないの青
幻冬舎文庫
乙一/〔著〕

小説では救いがあるが現実ではやりきれなさだけが残る。
この作品は現実の事件と内容が被る。担任の教諭がいじめの発端になった過程が妙に説得力がある。
ちなみにこの作品はホラーと書かれているが決してホラーではない。
読み出すと止まらない、そして読後感はピカイチ。


posted by Θzawin at 20:17| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。