2007年01月13日

暗いところで待ち合わせ

photoTheater.jpg

ことしイチオシの作品。
今年って始まったばかりの様なキモスルガ
もうだんぜんイチオシなのである。

乙一はすごく好きな作家なのだが映画化と聞いて
なんかとほほな感じになってしまうのではないかと危惧していた。
しかし、そんな心配も完全に杞憂で
原作以上と言わず
また原作以下ではない。
完璧ではないでしょか。
まさに傑作と言わずにはおれない。
イイ!スゴクイイ!!

原作を読んでいても読んでいなくても楽しめる映画といえる。
新年早々いい映画を観れた。










posted by Θzawin at 16:45| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。