2005年05月14日

映画VS小説 その3

小説の映画化は結構多い。
「卵が先か鶏が先か」どちらから見るか悩むところ
映画と小説どっちが優れているか完全に独断と好みによる批評をしてみたいと思う。
まぁ、そんな感じっス。

【第三弾】
『鉄道員(ぽっぽや)』 原作:浅田次郎

名称未設定 2.jpg

【内容】
北海道のローカル線、幌舞線の終着駅・幌舞。駅長・佐藤乙松は筋金入りのぽっぽや。職務に忠実なあまり、生後2ヵ月で死んでいった娘や思いがけない病で死んだ妻を見取ることさえできなかった。佐藤は近く廃線になる幌舞線とともに定年を迎えようとしていた……。


【判定】
映画:× 小説:◎ 

そもそも小説の方は短編集の中の一つの話。
映画にするには短すぎるんですよね。それを映画ではエピソードを足してるもんだから話がぼけちゃっていまいち。
原作のよさを出すなら30分くらいの長さでしょう。
高倉健と広末を使って話題づくりだろうけど、はっきりいってミスマッチ。主人公ははもっと歳が行ってるはず。
小説の方は「鉄道員」で起こったようなことがいろんなパターンでおきる。ねたばれになるのであんまり書けませんが他の作品もいい味がでているのが多い。マジでおすすめの一冊。
そしてさらにお勧めするのが“ながやす巧”によってコミケライズされた『鉄道員(ぽっぽや)/ラブ・レター』だ。『愛と誠』を書いてた人ですね。
『ラブ・レター』はおなじく原作の短編集の中の一編。
原作よりも泣ける漫画は自分の知る限りコレしかない。

名称未設定 1.jpg


posted by Θzawin at 01:35| Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 残念ながら、映画化された小説をなかなか読みません。もっと読めばいいのですが・・・
 私は、どちらかというと映画を先に見てから、原作があったのかというのがパターンです。
映画だけなんですけど、それなりに感動しています。(;¬_¬)
Posted by 弱尊会会長 at 2005年05月16日 01:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。