2007年04月04日

最近読んだ本



この人の本が文庫化されるたびに買って読んでるが、面白いのだろうか?(笑
毎回買ってるから好きなんだろうな。
全体に流れる福井弁が耳(?)に心地よい。
『スィングガール』とか『天然コケケッコー』にが楽しいのと同じ感じ。日本語って美しい。




舞城王太郎、全世界初のコミック化!
よりによって何故この作品?
なにを思ってしまったのでしょうか?
読むだけ損。





この人のエッセイはすごく好きだ。
だが今回は全体的にグチっぽいぞ。オーケンもトシかな?




筒井康隆は高校の頃から読んでいたが、今回はじめて本当に筒井康隆を読んだ気がした。(おこがましいが)




筒井康隆と言えば『時かけ』そしてジョブナイル
この作品もジョブナイル。なんか癒されるな。





結構好きな文体と雰囲気。
最後のぐだぐだ感はいかんともしがたいが、次の作品も買う。(文庫化したら)




加納朋子さんといえば連作短編。
今回もいぃ感じです。
前作の初の長編はちょっと・・・








posted by Θzawin at 22:09| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。