2005年11月18日

脳は人体の中の迷宮

4101394318.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg

二度目の読破。

すごいことに気づいた・・
それは

自分が完全にオチを忘れてたってこと。
半分以上読んでもトリックが思い出せなかった。しかも読後にうなってしまった。
自分の脳には致命的な欠陥があるのかもしれない。
しかし、おかげで同じ本を読んだのに初めて読んだ時の感動がまたあったことで得をしているのは確かだ。(笑

冒頭及び各章の最初にあるアインシュタインの「相対性理論」もふりであったことがわかる。
観測する位置によって同じ現象が違った見え方をしたり、『シュレディンガーの猫』的な趣もあるのかなと。
これはネタバレにはならない。何故なら、これだけ意味有り気に書かれていたら疑ってかかるのは当然である筈だからだ。また登場人物の手記になっている以上、叙述トリックが仕掛けられていると警戒してかかるのも普通である。
だがそれらを全てひっくり返した筆者においては言葉を失わなければならないのでは。というのが自分の感想。
何故かアンフェアであるとかラストの件が余分であるとか書かれた批評を目にするが、全てを含めて完成度が高いと自分は思う。素直に「やられたー」と感じました。説明が不十分とか、よく考えないと判らないオチに嫌悪感を抱く人がいるとしたら、映画でもなんでも損をしてると思うな。


posted by Θzawin at 17:07| Comment(11) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミステリーを殆ど読まずに過ごしてきたのですが、手に取りたくなりました。
Posted by じぇべる at 2005年11月19日 06:37
ぱうえるは、バレでネタバレや、高い確かや、欠陥とか高い不十分と、大きいおかげを手記しなかった。


Posted by BlogPetのぱうえる at 2005年11月20日 11:28
ぱうえるが、相対性理論などをシュレディンガーしたかったの♪


Posted by BlogPetのぱうえる at 2005年11月27日 19:54
きょうぱうえるはバレにΘzawinがバレへΘzawinで叙述ー!
Posted by BlogPetのぱうえる at 2005年12月05日 12:58
きょうぱうえるは観測しなかったー。
またΘzawinのラスト位置ー!
しかもきのうぱうえるが、バレへΘzawinが観測するつもりだった?
だがバレへΘzawinとバレへ自分みたいな批評したかも。
及びバレにΘzawinは完成された。
Posted by BlogPetのぱうえる at 2005年12月12日 11:31
きょうぱうえるは、バレにΘzawinで警戒するつもりだった?
またバレへ完成したかったみたい。
Posted by BlogPetのぱうえる at 2005年12月19日 13:20
ぱうえるが、自分と、ネタバレや普通とか、自分とか欠陥などをオチしなかったの?


Posted by BlogPetのぱうえる at 2005年12月26日 11:17
きょうぱうえるは、バレに読破しないです。
Posted by BlogPetのぱうえる at 2006年01月02日 11:00
Θzawinで、位置した?
及びきのうΘzawinで、位置するつもりだった。
しかもΘzawinの、自分も批評した?
だがきのうはバレへ目とか観測しなかったー。
Posted by BlogPetのぱうえる at 2006年01月09日 11:17
Θzawinで、自分も完成した。
Posted by BlogPetのぱうえる at 2006年01月16日 11:40
人物とか、アンフェアと素直を登場しないの?


Posted by BlogPetのぱうえる at 2006年01月23日 11:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。